大規模修繕工事をすれば人の命を守ることができる

本当に理解している?

リフォームやリノベーションなどが巷で流行っていますが、その区別がついていない方が多いのです。ですので、この機会にそれぞれの特徴を押さえておくことによって、自分が工事する時に困ることがなくなるでしょう。

修繕と改修の違い

修繕の定義

修繕は劣化や地震などの災害によって以前のように快適に住めないようになったり、人的な被害が出てしまう前に修繕することをいいます。そして、また、建物が新築同然の状態にすることができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

改修について

改修とは時代背景によって変わってくるマンションの性能を変えることを指します。分かりやすく言えばリノベーションや増築などがあげられ、住み心地のいい住宅にすることが目的となっているので、間違えないように依頼しましょう。

大家さんの役目

大規模修繕工事をするのはマンションを経営している大家さんの義務でもあるので、怠らないようにその時が来たらきちんと対応しましょう。また、工事内容を把握しておくことで、スマートに工事を進行することが可能になるのです。

工事の内容

作業をする前に

大規模修繕工事を行なう前に、近くに事務所や資材置き場、トイレがないと従業員が働きづらいので、必ず設置されています。そういった場合は、駐車場を利用することがほとんどなので、速やかに車を移動させるといいでしょう。

足場仮設工事

マンションは5階以上あり、足場を組まなければ最上階まで工事をすることができません。また、その作業が終わると落下防止や材料飛散防止に効果的な灰色のメッシュシートをマンション全体に覆います。また、騒音が発生するので、住人の許可を得るべきです。

シーリング

シーリングは外壁やサッシ、建具廻りから水が入ってこないようにするための工事になっています。しかし、これが固まるまで24時間はかかってしまうため、住人にその旨を伝えてその箇所に張り紙を貼っておくといいでしょう。

下地補修

こちらは、建物のひび割れや鉄筋破裂、欠損部などを直す工事なので、ベランダで作業をするとなるとほこりが蔓延してしまう可能性があるので、室内で洗濯物を干すように呼び掛けるのも大家さんの仕事と言えるでしょう。

外壁高圧洗浄

外壁を1センチ120から150キログラムの水圧で洗浄する工事をして、劣化を防ぐことができるのです。そして、その工事を行なう際には業者からサッシの下に雑巾などの吸収率の高い布切れを置いてほしいと通達が来るので、指示にしたがうべきです。

[PR]

大規模修繕工事を依頼できる業者!
建物の悩みを根本解決☆

建物の悩みは設計管理に相談!
最良の解決方法を提案してくれる

大規模修繕で生活が快適になる!
驚きの安さ☆

暮らしと生命を維持する

ヘルメットを持つ人

工事をする意義

所持しているマンションやアパートの劣化を防ぐために行なわれるのが大規模修繕といい、これをするには専門業者に依頼して大規模修繕工事をしなくてはなりません。ですので、東京の専門業者に依頼する場合は、必ず設計管理がされているかどうか事前に把握しておくといいでしょう。

行なうタイミング

大規模修繕工事をしようと思っても、目に見える損害がない限りタイミングがなかなか分からないものです。その場合は、新築から12年経過したのなら、大規模修繕工事を検討するといいでしょう。また、保証が切れる期間もだいたい12年となっています。

[PR]

広告募集中