安全な業者選びを|大規模修繕工事をして住人に安心を提供するべし

費用を抑えるのに打ってつけの設計管理がお勧め

安全な業者選びを

図面

費用が下がる

設計管理は営業をする業者と工事をする業者に分かれていて、工事を依頼する業者のことを指します。そして、実績のあるプロに委託することで、的確な工事を行なうことができるようになり、費用を抑えることも実現することができるでしょう。

責任者が分かりやすい

工事内容や費用などを不透明にすることなく、責任が誰にあるのかを明確にすることができるので、設計管理が人気になっているのです。万が一マンションの大規模修繕工事で事故が発生した場合は、賠償金を責任者に請求することができるでしょう。

悪い点もある

設計管理のデメリットとしてはあまりないのですが、工事費以外にも建築士や設計事務所から別途料金を請求されることがあります。しかし、そこまで高くなることは稀なので、安心して依頼することができると言えるでしょう。

自分に合う方法を

設計管理以外にも工事の種類があるので、事前に把握しておくといいでしょう。また、それぞれのメリットとデメリットを比較することによって、知識が乏しくても良し悪しを知ることができ、無事に工事を完了することができるのです。

3つのやり方

設計管理法

この方法は、第三者を通して工事をする方法になっています。また、競争入札が行なわれるので、結果的に高額な値段になることはありません。安くて専門的な知識を持っている業者に依頼することができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

責任施工方式

責任施工方式は調査や改修設計、工事までを1社で担当することをいいます。また、他社に委ねることがないので、依頼主の思い通りの工事をすることが可能になっています。そして、料金がバラバラに請求されることがないのが特徴です。

コンストラクション方式

これは日本でほとんどされていませんが、アメリカなどでは一般的な方法になっています。そして、発注者に知識がない場合でも分かりやすくかみ砕いて説明をしてくれるので、損することなく工事を終えることができるようになるでしょう。

広告募集中